人間に新生児期から老年期があるように犬にも幼犬から高齢犬までのライフステージがあり、高齢になるとシニア犬と呼ばれるようになります。
一般的には、小型犬と中型犬は、11歳ほどでシニア犬になり、大型犬は8歳を過ぎればシニア犬になります。どちらも人間で60才ぐらいです。

犬がシニア犬になるとご飯を食べなくなるのは?

犬も歳をとってくるとだんだん食欲が落ちてきます。今まで食事の時間を楽しみにしていた愛犬が、ご飯の時間になっても寝てばかりで起きてこない、また、食べ残すというようなことが起こり始めると心配ですよね。
どんなことが原因になっているのでしょうか?

咀嚼、嚥下の機能が低下するため

シニア犬になるとだんだん歯が弱っていき、顎も弱くなり噛み砕く咀嚼機能が衰えてきます。そして、加齢とともに食べ物を飲み込む力も低下していきます。これは舌や口の筋力が低下することで、粒が大きなドライフードや固いものを飲み込むのが大変になるからです。

 消化・吸収能力の低下

シニア犬になると、食べ物の消化・吸収が若い頃に比べると悪くなってきます。そのため、シニア犬にはシニア犬のための食事が必要になります。

代謝エネルギー量が減少

犬はシニア期に入ると運動量が落ちます。若い頃のようにはしゃいで遊び回ることもしなくなり寝ている時間が増えるため、1日に必要となるエネルギー量も減ります。そうなると餌を食べる量が減っていきます。

シニア犬のドッグフードを選ぶポイント!

シニア犬には高タンパク・低炭水化物・低脂肪の食事を与えることです。

まず、タンパク質は肉食動物の身体の維持には必要不可欠な栄養素であり、それはシニア犬も同様です。
必要なタンパク質が不足すると、不足分を補うために筋肉を分解してタンパク質を吸収するので、筋肉量が減って基礎代謝が低下する上、痩せて免疫力も低下します。
つまり、筋肉量や免疫力の低下によって、運動が困難になったり、病気にかかりやすくなる可能性があるのです。

また、高品質なたんぱく質が含まれているかどうかも確認しておきましょう。粗悪な原材料が含まれていては、十分にタンパク質を摂取できても体に悪影響を与えることになります。

そして、腸などの内臓機能が衰えるシニア犬には、消化吸収を阻害する炭水化物の含有量が少ないフードであることが必要です。
また、カロリー消費が衰えるシニア犬がカロリー過多にならないように低脂肪のフードを選びましょう。

グレインフリーであること

グルテンフリーとは、穀物を使用していないことです。
穀物は、もともと肉食動物である犬には必要ないものですが、フードの量を増やすためにメーカーが入れている場合があります。

犬の消化器官は穀物を消化する力が弱いため、穀物の入ったドッグフードを食べると腸に負担がかかり、アレルギーを引き起こす原因になるのです。
シニア犬になると、腸の働きが弱くなりその反応が顕著に表れるため、フードには消化吸収に優しいグルテンフリーを選ぶことをおすすめします。

なお、米類はアレルギーを起こしにくいため、使用されたフードを与えてもOKです。

危険な原材料や添加物が使われていないこと

ドッグフードには原材料や添加物などの安全基準が厳格に定められておらず、フードによっては「○○ミート」や「動物性油脂」など何かわからない原材料が使われていることがあります。
また、保存料や酸化防止剤のBHA・BHT・エトキシキンなどの添加物も使用されていることがあります。
そのため、できるだけ原材料は新鮮な肉を使用し、無添加のフードを選んであげることが大切です。

 

グルコサミンやコンドロイチンが配合されていること

人間も年を取るにつれ、関節がスムーズに動かなくなりますが、これは犬も同様です。
関節にある軟骨は、加齢によりすり減ってしまい動きが鈍くなってしまうのです。
そのため、関節をサポートするグルコサミンやコンドロイチンが配合されているフードがシニア犬にはおすすめです。
関節の健康維持のためには、原材料にグルコサミンやコンドロイチンが豊富な魚を使っているドッグフードを選ぶと良いでしょう。
また、魚の油にはDHAやEPA、そして、オメガ3も含まれます。
DHAには認知予防効果、EPAには抗炎症作用が期待でき、オメガ3には関節や皮膚を健康に保つ効果がありますので、高齢犬はぜひ摂取しておきたい成分です。

シニア犬におすすめドッグフード

まず、『ピッコロ』 ですね。主原料は、骨抜きチキン生肉29%・骨抜き生サーモン20%・乾燥チキン13%(肉類含有量70%)で高タンパク質、当然、グレインフリー、人工添加物不使用です。

次に、『 モグワン 』ですね。こちらも主原料は、チキン&サーモン(生肉・乾燥肉)肉類含有量 53%で、ヒューマングレード(人が食べても大丈夫な品質)の材料を使って作られています。そして、グレインフリー、人工添加物不使用です。さらに、食いつきの良さにも飼い主さん達から定評があります。

 

シニア犬へのドッグフードの与え方

シニア犬になると、若いころと比べて太りやすくなり、噛む力が衰えて胃腸の消化力が弱まります。
そのため、肥満防止のために体重に合った量を与えて、適正体重をキープしていかなくてはなりません。

その上で、次のような食事を取らせる工夫もしてあげてください。

1 )フードを水やぬるま湯で柔らかくしたり、噛みやすい小粒のフードに切り替えることも大切です。
食欲が落ちているようなら、電子レンジやドライヤーで人肌程度温めてあげると匂いが強くなり食いつきがよくなります。
そして、ふやかしたときに使ったお湯は捨てずに飲ませましょう。
なぜなら、ぬるま湯にはフードに含まれている栄養成分の一部が溶け出しているからです。フードには犬が必要としている栄養成分が入っているので、それが溶け出してしまったお湯を捨ててしまうと必要な栄養が摂取量が減ってしまいます。

2 )そして、シニアになると食べ物を飲み込む力が弱くなります。食べた後に咳き込んだり吐いてしまうことがあったら、食事のときにお皿を高さがある台の上に置いてあげるといいでしょう。床に置いたフードを食べるために、首を下げていると飲み込むときに喉に引っかかってしまう恐れがあります。

3)その他には、1回の食事量を減らし、回数を増やすなどの工夫も必要でしょう。
食事の回数は1日2回が基本ですが、食べる力の衰えたシニア犬の場合は、少量を1日3回~4回に分けて与えても良いかもしれません。

動物は人間より速いスピードで歳を取ります。愛犬との時間を少しでも長く過ごせるよう健康維持に努めてあげて下さい。
この記事が少しでの皆さんの悩みを解決する手助けになれば幸いです。

シニア犬用ドッグフード「ピッコロ」

100gあたり355 kcalという控えめカロリーで、健康を気遣いながらも
美味しい食事を思いっきり楽しんで欲しいというコンセプトで造られたドッグフードです。
シニア犬のためのフードでカロリー控えめ!低脂質!高たんぱく!
お勧めです。